previous arrow
next arrow
Slider
大林宣彦監督 追悼
第4回尾道映画祭2021開催決定!
2021年2月27日(土)ー2月28日(日)
(上映時間、チケット情報などは1月下旬までに発表予定です)
2016年に肺がんで余命三カ月を宣告された2年後の2018年夏、大林宣彦監督は20年ぶりに 故郷・尾道で『海辺の映画館―キネマの玉手箱』を撮影していました。猛暑や大雨、断水という過酷な条件の中、誰よりもエネルギッシュに大きな声を出していました。数々の監督作品と同様に、その姿や言葉は私たちに多くのことを教えてくださいました。2020年4月10日、くしくも『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の当初の劇場公開予定日に82歳の生涯に幕を下ろされた大林宣彦監督。追悼と感謝の気持ちを込めて、尾道で撮影された圧倒的な映像世界と力強いメッセージに満ちた大林宣彦監督作品を特集上映いたします。
尾道映画祭実行委員会

※新型コロナウイルスの推移等によりプログラムを変更や中止させていただくことがあります。

NEWS
NEWS一覧へ
DAY
●開催日>2021年2月27日(土)-2月28日(日)
PLACE
●会場>しまなみ交流館
PROGRAM
オープニング作品
(C)2020「海辺の映画館 キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
●日程>2月27(土)
●会場>しまなみ交流館
尾道出身・大林宣彦監督×尾道ロケ映画
『海辺の映画館―
キネマの玉手箱』
監督/大林宣彦
出演/厚木拓郎、細山田隆人、
   細田善彦、吉田玲、成海璃子、
   山崎紘菜、常盤貴子
(2020年/179分)
【ゲスト】登壇予定
尾道の海辺の映画館。戦争を知らない若者たちが映画の世界にタイムリープ。物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく。大林宣彦監督が幼少期から持ち続けてきた“映画への情熱”と“平和への想い”が凝縮された誰も見たことのないエンターテインメント!