previous arrow
next arrow
Slider
「尾道映画祭2019」
「尾道映画祭」は、今年で3年目を迎えます。
今年は、「まち全体で楽しむ映画祭」をコンセプトに、映画上映を中心に、音楽、街歩き、対談企画、小学生や大学生による映画ワークショップなど、様々なイベントを開催いたします。
尾道の街を楽しみ、人と出逢う3日間。
「映画の街・尾道」を、存分に満喫してください。
NEWS
NEWS一覧へ
DAY
●開催日>2019年3月22日(金)前夜祭
3月23日(土)・24日(日)
PLACE
●会場>
しまなみ交流館、尾道商業会議所記念館、
おのみち映画資料館、シネマ尾道、浄泉寺、LOG 他
PROGRAM
オープニング作品
『望郷』(C)2017 avex digital Inc.
尾道出身・湊かなえ原作×尾道ロケ映画
『望郷』
●監督
菊地健雄 
●原作
湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
●出演
貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人
2017年/日本/ 112分/制作・配給:エイベックス・デジタル
●日程>3月23日(土)
●会場>しまなみ交流館
【スケジュール】
11:00    開場
11:25    映画『望郷』上映
【スペシャルトーク】
湊かなえ×菊地健雄監督
聞き手 光原百合
【尾道映画祭セレモニー】
登壇者>
湊かなえ、菊地健雄監督、佐野史郎、満島真之介、深川麻衣、中村佳代監督、長田真作、ヴィヴィアン佐藤 他 (予定)
湊かなえ
写真提供 文藝春秋
菊地健雄監督
光原百合
MC 大窪シゲキ
(広島エフエムDJ)
TICKET
【映画『望郷』料金】

〇前売券 一般1,500円  高校生以下1,000円  
プレミアムシート券2,000円(一般・高校生以下ともに)
〇当日券 一般 1,800円  高校生以下1,300円

【映画『望郷』チケット販売所】

尾道駅観光案内所、ロープウェイ山麓駅観光案内所、啓文社各店、シネマ尾道
e+プラス (イープラス) ※手数料はご負担ください。

注意:e+プラス (イープラス)では、プレミアムシート券の販売はございません。
啓文社各店での発売は、3月上旬からとなります。
映画『望郷』舞台挨拶後の「尾道映画祭セレモニー」もあわせてご覧いただけます。
プレミアムシートは指定席、その他の席は自由席となります。
チケット一枚につき、お一人様一回、券面記載の日時のプログラムについてのみ有効です。チケットご購入の枚数制限は、1プログラムにつきお一人様二枚までとさせていただきます。
チケットはいかなる事情(紛失・焼失・破損)があっても、購入後の変更・払い戻しは不可、再発行等は一切いたしません。また、ご入場前に半券を切り離すと無効となります。大切に保管してください。
インターネット・オークション等での意図的な転売行為を禁止いたします。転売目的での購入は固くお断りいたします。
場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオによる撮影、録音は固くお断りいたします。
登壇者は、変更になる可能性もございます。あらかじめ、ご了承ください。

【チケット発売期間】

2019年2月27日(水)朝11時~3月22日(金) ※売り切れ次第、販売終了。

招待作品
尾道映画祭がセレクトした、今観てほしい注目の映画たち。
3月23日(土)
©HAKODATE CINEMA IRIS
『きみの鳥はうたえる』
●監督・脚本
三宅唱
●出演
柄本佑、染谷将太、石橋静河
2018年/日本/106分/コピアポア・フィルム
【スケジュール】
●開場/9:45
●上映開始/10:00
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,500円  高校生以下1,000円
●当日券
一般1,800円  高校生以下1,300円
ゲスト
三宅唱監督(予定)
冨永昌敬監督(予定)
©2018「君が君で君だ」製作委員会
『君が君で君だ』
●監督・原作・脚本
松居大悟
●出演
池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙
2018年/日本/104分/ティ・ジョイ
【スケジュール】
●開場/12:50
●上映開始/13:05
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,500円  高校生以下1,000円
●当日券
一般1,800円  高校生以下1,300円
ゲスト
満島真之介、
長田真作(予定)
©魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
『南瓜とマヨネーズ』
●監督
冨永昌敬
●出演
臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、若葉竜也
2017年/日本/93分/S・D・P
【スケジュール】
●開場/15:45
●上映開始/16:00
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,500円  高校生以下1,000円
●当日券
一般1,800円  高校生以下1,300円
ゲスト
冨永昌敬監督(予定)
若葉竜也(予定)
3月24日(日)
(c)2017 green-ribbon campaign
『緑色音楽』
●監督・脚本
中村佳代
●出演
村上虹郎、工藤夕貴、久米明、オダギリジョー、岡山天音
2017年/日本/54分
【スケジュール】
●開場/9:45
●上映開始/10:00
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,300円  高校生以下1,000円
●当日券
一般1,500円  高校生以下1,200円
ゲスト
中村佳代監督(予定)
安部勇磨(never young beach)(予定)
©1996 西友、エースピクチャーズ
『月とキャベツ』
●監督
篠原哲雄
●出演
山崎まさよし、真田麻垂美、ダンカン 1996年/日本/99分/エースピクチャーズ=シネセゾン
【スケジュール】
●開場/11:30
●上映開始/11:45
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般2,000円  高校生以下1,700円
●当日券
一般2,300円  高校生以下2,000円
ゲスト
山崎まさよし(予定)
森田恭子(音楽ライター)(予定)
ミニライブあり
(C)2019「愛がなんだ」製作委員会
地方初上映
『愛がなんだ』
●監督・脚本
今泉力哉
●出演
岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、中島歩
2019年/日本/123分/エレファントハウス
【スケジュール】
●開場/14:20
●上映開始/14:35
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,800円  高校生以下1,500円
●当日券
一般2,000円  高校生以下1,700円
ゲスト
深川麻衣 (予定)
中島歩 (予定)
若葉竜也(予定)
(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会 
『パンとバスと
2度目のハツコイ』
●監督・脚本
今泉力哉
●出演
深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良
2017年/日本/112分/「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
【スケジュール】
●開場/17:25
●上映開始/17:40
●会場/シネマ尾道
【料金】
●前売券
一般1,800円  高校生以下1,500円  
●当日券
一般2,000円  高校生以下1,700円
ゲスト
深川麻衣(予定)
TICKET
【チケット販売所】

シネマ尾道、e+プラス(イープラス)  ※手数料はご負担ください。

チケット一枚につき、お一人様一回、券面記載の日時のプログラムについてのみ有効です。チケットご購入の枚数制限は、1プログラムにつきお一人様二枚までとさせていただきます。
全席自由席となります。上映日当日の朝9時30分より、シネマ尾道にて各回のごとの整理券を配布いたします。ご入場は、整理番号順となります。
チケットはいかなる事情(紛失・焼失・破損)があっても、購入後の変更・払い戻しは不可、再発行等は一切いたしません。また、ご入場前に半券を切り離すと無効となります。大切に保管してください。
インターネット・オークション等での意図的な転売行為を禁止いたします。転売目的での購入は固くお断りいたします。
場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオによる撮影、録音は固くお断りいたします。
登壇者は、変更になる可能性もございます。あらかじめ、ご了承ください。

【チケット発売期間】

2019年2月27日(水)朝11時~3月22日(金)※売り切れ次第、販売終了。

前夜祭
無料
「尾道映画祭2019」前夜祭 in LOG
●日程>3月22日(金) 18:30~20:00
●会場>LOG中庭
photograph by Tetsuya Ito
「尾道映画祭2019」前夜祭トークイベントとして、昨年12月にオープンした尾道山手の新たなランドマーク「LOG」に映画祭や関連イベントのゲストが集います。
「LOG」の中心に位置し円形劇場を思わせる中庭で、ゲストに尾道映画祭の見所や尾道について語っていただきます。どうぞ、お楽しみください。
ゲスト
佐野史郎(俳優)、満島真之介(俳優)、長田真作(絵本作家)、
ヴィヴィアン佐藤(映画評論家・アーティスト・尾道観光大志)、
中村佳代監督 他
申込不要で、どなたでもご参加いただけます。
ドリンクの販売がございますのでお楽しみください。
お客様へはお席の用意がなく、立ち見となりますことを、あらかじめご了承ください。
若手育成プログラム
無料
次代を担うこどもたち若者たちの多様な映画、人との出会いと学びの場。
『こども映画制作ワークショップ2019
@尾道 お披露目上映会』
●日程>3月24日(日) 9:00~9:40 予定
●会場>シネマ尾道
恒例の小学生とプロの監督が尾道を舞台に短編映画制作にチャレンジするワークショップ。4年目になる今回は、初の試みとして、3月16日17日に撮影し完成した短編映画を「尾道映画祭」のプログラムの中でお披露目いたします。「映画の街・尾道」から羽ばたく未来の映画監督の誕生を、目撃できるチャンスかもしれません!
●講師 中村佳代監督 (『東京オアシス』『緑色音楽』)
『大学生自主制作作品上映』
●日程>3月24日(日)
●会場>尾道商業会議所記念館
地元大学生による、自主制作映画の上映とトークを開催。
『こども映画制作ワークショップ
完成映画作品上映2016~2018』
●日程>3月24日(日)
●会場>尾道商業会議所記念館
2016年から2018年にかけて制作された、小学生と映画監督による尾道を舞台にした短編映画13作品を上映。瑞々しい、現代のこどもたちの瑞々しい感性と尾道の街がコラボしたあらたな「尾道映画」を、ぜひご覧ください。
尾道映画祭連携イベント  主催/尾道市

映画を通じ、歴史と文化を掘り起こし、その魅力を発信する。

「映画の街・尾道の歴史と文化を歩く」
●日程>3月23日(土) 15:00~17:30 予定
映画人との街歩き企画。「ブラタモリ 尾道編」で案内役を務めた尾道市・学芸員のナビゲートのもと、歴史をひも解きながら「映画の街・尾道」を歩きます。
◎定員>30名程度 (要申込)
◎参加対象>どなたでも (対談にセットで参加いただくのが参加条件です。)
◎参加費>無料
【ゲスト】
「映画に見る尾道 憧れの街
 佐野史郎×ヴィヴィアン佐藤対談」

●日程>3月23日(土)18:00~19:30 予定
●会場>おのみち映画資料館

「映画の街・尾道」で語る、映画人による対談イベント。
◎定員>80名程度 (要申込)
◎参加対象>どなたでも
◎参加費>500円(おのみち映画資料館入館料として。中学生以下無料。)

※「映画の街・尾道の歴史と文化を歩く」に申し込まれる方へ
「映画の街・尾道の歴史と文化を歩く」と「映画に見る尾道 憧れの街 佐野史郎×ヴィヴィアン佐藤対談」はセット企画になりますので、街歩き+対談をあわせてお申込みいただくことが参加条件となります。

●申込方法など、詳細は、シネマ尾道公式サイトにて
●主催>尾道市
●企画・申込み・お問合せ>NPO法人シネマ尾道
尾道映画祭関連イベント  「映画×音楽」
映画の立役者である「音楽」。映画の中の人の心の動き、聴こえてくる音や音楽に鼓舞され、生涯忘れられない「映画」がひとつずつ増えていく。
映画と音楽の関係性、その魅力と繋がりを見つめ直し、尾道の街とともに体感しよう。
「映画の街で出逢えたらライブin尾道映画祭」
【出演者】
曽我部 恵一
1971年生まれ、香川県出身。
1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてメジャーデビュー。
2001年よりソロとしての活動をスタート。
2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に<ローズ・レコーズ>を設立。
精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐に渡って活動を展開中。
2018年3月、サニーデイ・サービス 12thアルバム『the CITY』をリリースし、そのアルバム全曲を総勢18組のアーティストが解体・再構築していくプロジェクト『the SEA』をSpotifyのプレイリストで公開し話題に。2018年12月、4年ぶりのソロアルバムで全編ラップの『ヘブン』をリリース。そのわずか2週間後の12月21日に突如、ヒップホップ、ロック、フォーク...すべてを呑み込んだ異形のPOPアルバム『There is no place like Tokyo today!』をリリース。
http://www.sokabekeiichi.com
安部 勇磨
(never young beach)
never young beachのボーカル、ギター。バンドの作詞作曲を全て手掛ける。
土着的な日本の歌のDNAを残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドとメロディ、
そして等身大の歌詞は、音楽シーンに一石を投じる存在として幅広い層から支持を受ける。
個人の活動では、冨田ラボ、neco眠るの楽曲へ作詞、歌唱での参加。
NHK Eテレ朝の0655『こたえはいつも3』、おやすみソング2355『尾道の渡し船』や、NTTコミュニケーションズのweb CM、花王のCMなどで歌唱、ポッカのCM『じっくりことこと』では歌唱に加え役者として出演するなど多岐にわたり活動中。
●日程>3月23日(土) 18:30~21:00
●会場>浄泉寺(尾道市西久保町2-2)
●開場17:30 / 開演18:30
●料金 予約3,500円 / 当日4,000円 (定員あり)
※要ワンドリンクオーダー
※ 15歳以下無料、18歳以下1,000円
●出店>
香味喫茶ハライソ珈琲 / Slits / ハンドクラフト&ボトルカフェYES。/ ホホホ座尾道店コウガメ / matatavio
※ 駐車場はありませんのでお近くのパーキングをご利用ください
【ゲスト】
満島真之介、長田真作(呉市出身)(予定)
一般予約
2/9(土)〜
メール予約もしくはシネマ尾道窓口
アドレス: eimachi0323@gmail.com
件名「3/23予約」、お名前(カタカナ)、人数、お電話番号を明記の上お申し込みください。
ライブチケット詳細はこちら>
お問い合わせ先
コウガメ kougame.m@gmail.com 
シネマ尾道(0848-24-8222)
主催
ホホホ座尾道店コウガメ
「音楽と風景in尾道映画祭」
ピエロック一座
(あやつり人形と演奏パフォーマンス)
総勢30名からなるあやつり人形のサーカス団、人間はただ1人、ピエロック団長。
幼い頃からチャップリンの映画に憧れ、旅芸人に。
バイオリン、アコーディオン、タップダンス、そしてマリオネット。
ヨーロッパ諸国の路地、カフェ、劇場を放浪し、
今回尾道の映画祭にたどり着きました。
大人も子供も楽しめる
ノスタルジックファンタジー
ピエロック一座のスペクタクル
始まり始まりです!!
CHAM‘s Saxophone Quartet
(サックス四重奏団)
佐藤馨ほかによるピアノ演奏
しまなみジュニアオーケストラ
●日程>3 月 23 日(土)・24日(日)
●会場>しまなみ交流館芝生広場、JR尾道駅2Fデッキ、
    尾道商業会議所記念館、尾道郵便局前
主催
音楽と風景  詳細は、「音楽と風景」facebookにて