第6回尾道映画祭2022
『ウォン・カーウァイ特集&
スペシャルトークイベント』

2022年9月17日(土)
シネマ尾道WEB
広島県尾道市東御所町6-2MAP
お問い合わせ先 0848-24-8222
世界の巨匠・香港のウォン・カーウァイ監督×撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新し、90年代に日本で巻き起こったミニシアターブームを牽引する存在となった。そのスタイリッシュな映像と世界観は今もなお多くのクリエイターたちに影響を与え続けている。
ウォン・カーウァイ監督の代表作2本を上映し、映画評論家・ヴィヴィアン佐藤、映画監督・須藤蓮によるトークイベントを開催。ウォン・カーウァイの世界に魅了されたふたりは、尾道で何を語るのか。
世界の名作の魅力を検証し、若きクリエイターや作家たちに刺激を与え、その才能を開花させる一助になればと願う。
13:40
開場
14:00~15:40
『花様年華』上映
15:40~16:10
トーク
16:20
開場
16:40~18:20
『ブエノスアイレス』上映
18:20~18:50
トーク
一般
1,800円
シニア
1,200円
大学生以下・障がい者
1,000円
*各種割引適用あり。招待券使用不可。
*チケットは当日券のみ 当日朝9時〜シネマ尾道で販売

(作品詳細は画像をクリック)

ヴィヴィアン佐藤

アーティスト、非建築家、美術家、
映画批評家、イラストレーター、文筆家、
擂り鉢地形研究、
尾道観光大志、
青森県七戸市キッズDQ化プロジェクト他

芸術全般(映画・音楽・美術・建築など)の造詣が深く、ジャンルを横断して独自の見解で分析。自身もアーティストとして活動中。 また江戸時代の歴史にも詳しく才能は多岐に渡る。全国で個展やヘッドドレスのワークショップを開催中。

佐藤二朗(俳優)

須藤蓮

東京都出身。慶應義塾大学在学中。
スターダストプロモーション制作1部所属。

「第31回 MENS NON-NO 専属モデルオーディション」ファイナリストに選ばれたことをきっかけに俳優デビュー。大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、連続テレビ小説『なつぞら』、『おいハンサム!!』等に出演。NHK京都発地域ドラマ 『ワンダーウォール』では主演を務める。初監督作品、尾道ロケ映画『逆光』は、全国で絶賛公開中。

第6回尾道映画祭
 閉幕しました。
ご来場ありがとうございました。

「作家と尾道、その未来。」

  • 会期:2022年6月17(金)- 6月19日(日)
  • 会場:しまなみ交流館・シネマ尾道

チケット販売は
4月27日(水)より開始!
全会場とも完全入れ替え制
Peatixオンラインチケットはこちら

×

ご挨拶

 皆様のお蔭をもちまして、「第6回 尾道映画祭 2022」を開催する運びとなりました。
 2021年年末には、12月24日(金)~26日(日)の3日間にわたって瀬戸田・因島・尾道駅前の3会場で「尾道市合併15周年 第5回 尾道映画祭プレイベント」を開催することができ、あらためて厚く御礼申し上げます。
 「第6回 尾道映画祭 2022」は『作家と尾道、その未来』をテーマに、オープニングでは尾道市出身の漫画家かわぐちかいじ先生の原作『空母いぶき』を、クロージングでは尾道出身の映画作家 大林宣彦監督の『ふたり』を上映し、かわぐちかいじ先生、大林恭子さん、石田ひかりさんをはじめ、尾道に縁の深い方々にご登壇いただく予定です。尾道関連作品・若手作家作品等の上映やトークショー、街歩きイベント、関連イベントとして音楽演奏やシンポジウム等も予定されており、盛りだくさんな内容となっております。
 もちろん前回・前々回同様、感染予防にも出来る限り配慮・対策を行い、関係者一丸となって努める所存です。
 新型コロナウィルスにより世界が一変し、2年以上が経過した今も大変な毎日が続いておりますが、私達の芸術を愛する心・尾道を愛する心の炎は、決して消してはなりません。2022年3月には、広島県内で大部分が撮影された映画『ドライブ・マイ・カー』が、13年ぶりにアカデミー賞国際長編映画賞受賞に輝きました。映画界も尾道映画祭も、今後一層盛り上がるものと期待しております。
 最後に、開催にあたりお力添えいただいた皆々様に深く感謝を申し上げまして、ご挨拶といたします。

第4回 尾道映画祭2021 実行委員長 徳永修

尾道映画祭実行委員会
実行委員長 徳永 修

第一弾リリース 4月11日
漫画家・かわぐちかいじさん
の登壇が決定!

「映画のまち」として全国に知られる尾道が、映画を愛する市民の手で創り上げてきた『尾道映画祭』。2022年2月末開催予定であった『尾道映画祭2022』は新型コロナウィルスによる蔓延防止措置発令により、2020年についで2度目の開催中止を余儀なくされました。しかし、2月に打ち出したテーマ『作家と尾道、その未来』を継承し、更にパワーアップした内容で皆様にお届けします。かつてこの地を愛し、この地を舞台に数々の名作を生み出した志賀直哉、林芙美子をはじめとする文豪たち。自らを映画作家と表現し、尾道を「映画のまち」たらしめた大林宣彦監督。そして数々の名作漫画を創り出し映像化されてきた漫画家かわぐちかいじさんも、この尾道の土壌で自らの才能を育まれたのではないでしょうか。オープニング作品『空母いぶき』原作者、かわぐちかいじさんは、映画上映後、尾道映画祭の舞台にご登壇いただくこととなっています。また、映画祭関連イベントとして、『自主映画のいまと未来』と題し、監督らが語り合うシンポジウム(LOG)、尾道市立大学生・福山大学生ほかの映画作品上映(しまなみ交流館:大会議室)、尾道映画談義Vol.2(松翠園)、尾道駅前マルシェや音楽演奏など、様々な催しを開催いたします。今年も一般社団法人コジマ・ムジカ・コレギア協力のもと、メイン・セレモニーや幕間に音楽演奏を行い、映画と音楽のコラボレーションで、イベントに華を添えてまいります。

第二弾リリース 4月27日
映画『さがす』
主演・佐藤二朗さんの登壇
全作品のチケット発売開始が決定!!

6月17日(金)・18日(土)・19日(日)の3日間、『作家と尾道、その未来』をテーマとして開催する「第6回尾道映画祭2022」。18日(土)しまなみ交流館で上映が決まっている映画『さがす』主演、佐藤二朗さんの登壇が決定しました。俳優、監督、バラエティーの司会等、多方面で活躍されている佐藤さん、尾道に来るのは初めてのこと。どんなお話が聞けるか楽しみです。「第6回尾道映画祭2022」は本日4月27日、全作品のチケット発売をスタート。17日(金)「須藤蓮監督と歩く映画『逆光』ロケ地巡り」詳細もリリースしております。6月、「映画のまち」尾道でお会いしましょう。

実行委員長の挨拶を見る
Time Schedule

スケジュールを見る

マルシェを見る 音楽を見る

前 売

※ 17日(金)終了
(対面は営業時間中、Peatixは23:55までとなります)

一般
1,500円
高校生以下
  1,000円

当 日

一般
1,800円
高校生以下
  1,300円

『渦潮』『渦汐』/『叫ばないと生きていけない』
▼こちらの3作品は下記のチケット料金です。

前売:一般 1,000円 高校生以下 800円
当日:一般 1,300円 高校生以下 1,000円


  • 全て税込表記
  • 3歳以下無料
  • 全会場とも完全入れ替え制です。
    作品ごとにチケットを購入ください。

注意事項

ƒ
  • チケットはいかなる事情(紛失・焼失・破損)があっても、購入後の変更・払い戻しは不可、再発行等は一切いたしません。また、ご入場前に半券を切り離すと無効となります。大切に保管してください。
  • インターネット・オークション等での意図的な転売行為を禁止いたします。転売目的での購入は固くお断りいたします。
  • 場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオによる撮影、録音は固くお断りいたします。
  • 登壇者は、変更、追加になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。
  • チケットは前売り券・当日券ともに料金は一律税込価格です。

決済方法について

  • ▼前売券をオンラインにてご購入を希望の方
    • Peatix
    • 上記のPeatixボタンよりサイトに移行しますので鑑賞したい日時と映画の名前を選択しオンラインチケットをご購入ください。
  • ▼前売券を対面販売にてご購入を希望の方
    • しまなみ交流館上映分:
      尾道駅観光案内所(JR尾道駅) tel:0848-20-0005
      シネマ尾道上映分:
      シネマ尾道 tel:0848-24-8222
    • ▼当日販売を希望の方
      18・19日ともシネマ尾道・しまなみ交流館の各会場にてご購入ください。
    • ▼尾道映画談義Vol.2の参加希望の方
      500円(別途ワンドリンクオーダー必要)
      ※映画祭チケット半券持参でスナック付き
      tel:050-5809-7986(モウトウ)

新型コロナ感染症対策

  • マスクは必ず着用ください。
  • STAFFもマスクもしくはフェイスシールドをさせていただきます。
  • 会場エリアに入る際には、受付で検温(非接触型体温計)とアルコール消毒にご協力ください。
  • 体温が37.5℃以上の方は入場をお断りします。
  • 新型コロナウィルス感染症の陽性が判明した方、当日体調がすぐれない方、発熱・咳など疑わしい症状がある方、濃厚接触の疑いがある場合は参加をご遠慮ください。
  • ゴミは必ずお持ち帰りください。原則として、ビン・缶の場内への持込みはできません。(しまなみ交流館は水のペットボトルのみ持込可能となります)
  • また、ペットを連れてご参加頂くことは今回は会場の関係でできません。
クリックして各作品の詳細を見てみよう!
  • 18Sat

    和田 征士
    ピアノソロ演奏

    12:00-

    しまなみ交流館

    尾道市出身。東京藝術大学器楽科ピアノ専攻2年生の和田征士さんによるピアノソロ演奏で、オープニングセレモニーを華を添えます。

  • 19Sun

    弦楽四重奏と
    ソプラノ歌唱

    弦楽四重奏演奏
    14:20-
    しまなみ交流館

    弦楽四重奏演奏とソプラノ歌唱
    17:25-
    しまなみ交流館

    毎年秋に開催される《しまなみ海道・秋の音楽休暇村》メンバー( 第一ヴァイオリン 小島燎・第二ヴァイオリン 竹中幸音・ビオラ 田中亮伍・チェロ 向井真帆)による弦楽四重奏団による演奏とソプラノ歌手 豊田日乃による歌唱をお楽しみください。

  • 17Fri

    映画「逆光」須藤蓮監督と
    ロケ地めぐりツアー

    15:30 - 20:00

    しまなみ交流館前
    (広島県尾道市東御所町10-1)

    旅行代金:27,500円(税込)/1人
    催行人数:2名~15名(定員になり次第締切)
    添乗:あり(尾道観光協会スタッフ)
    申込方法:一般社団法人 尾道観光協会(おのなび旅行社)
    WEB:https://onotabi.jp/plans/
    お電話にて(0848-36-5495 担当・林)
    申込締切:6月11日(土)

  • 18Sat

    シンポジウム
    『自主映画のいまと未来』

    18:30 - 19:40

    LOG(広島県尾道市東土堂町11-12)

    登壇者:沖田修一監督、須藤蓮監督、森ガキ侑大監督、川本直人監督(予定)
    MC:未定
    入場料無料(ワンドリンクオーダー制)

  • 19Sun

    若手育成プログラム
    『大学生自主制作映画上映会』

    11:00 - 18:00

    しまなみ交流館 大会議室

    尾道市立大学生と福山大学生の自主制作映画を上映します。

    若手育成プログラムとして
    尾道市立大学生と福山大学生ほかの
    自主制作映画を上映します。

    入場無料、作品をループ上映します。
    製作者登壇予定です。

  • 19Sun

    尾道映画談義Vol.2
    「映画で未来は変えられるか!?」

    開場10:30- 開演11:00
    終了14:30 ※休憩あり

    松翠園 大広間

    第1部「尾道映画談義 x 映画『逆光』ダイアローグ」
    第2部「ソーシャルコメンタリーとしての娯楽映画・作品」
    GUEST:須藤蓮監督・渡辺あや(脚本家)
    料金:500円(別途1drink)
    ※映画祭チケット「半券」お持ちの方は「スナック付き」
    Tel.050-5809-7986(モウトウ)

    主催:尾道フィルムラボ
    協力:NPO法人尾道空き家再生プロジェクト

かわぐちかいじ(漫画家)

かわぐちかいじ(漫画家)

『空母いぶき』

広島県尾道市向東出身。尾道北高校、明治大学文学部日本文学科卒業。
1968年に『ヤングコミック』(少年画報社)にて掲載された『夜が明けたら』でデビュー。 代表作に『沈黙の艦隊』『ジパング』、『太陽の黙示録』、『空母いぶき』など。父親は戦時中に掃海艇の乗組員をつとめ、戦後は小型タンカーの船長となっていた。子供時代は、瀬戸内海を航行する父親の船によく乗せてもらっていた。一卵性双生児の弟と幼少時からマンガや映画、プラモデル造りに熱中。デビュー後、実家の会社を兄弟どちらかが継がなければならないことになったが、弟と話し合った結果、弟が会社を継ぐことに。1980年代以降は、『モーニング』(講談社)や『ビッグコミック』(小学館)等で人気作・話題作を多数生み出し、現在に至る。双子の弟の川口協治(かわぐちきょうじ)も、家業(有限会社川口石油)を継ぎつつ地元で創作活動を続けたが2013年に死去している。

佐藤二朗(俳優)

佐藤二朗/俳優

『さがす』主演

愛知県出身。映画、ドラマの話題作、ヒット作に数多く出演。現在、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にて、比企能員を熱演中。フジテレビにて放送中の『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』では主宰を務める。八面六臂の活躍をみせる53才。
<尾道映画祭 参加に寄せて頂いたコメント>
僕の大好きな映画、『転校生』『さびしんぼう』。その舞台となった尾道に初めてお伺いします。瀬戸内の美しい町、尾道に、そして尾道の方々にお会いできるのを心から楽しみにしております。ショパンの『別れの曲』を心で奏でながら、尾道に参じようと思っております。

  • 志田彩良(女優)

    志田彩良/女優

    『かそけきサンカヨウ』主演

    神奈川県出身。ファッション誌『ピチレモン』の専属モデルとして活躍し、2014年に短編映画『サルビア』で俳優デビュー。2017年、『ひかりのたび』で長編映画初主演。主な出演作は、ドラマ『チア☆ダン』(18)、『ドラゴン桜』(21)など

  • 石田ひかり(女優)

    石田ひかり/女優

    『かそけきサンカヨウ』出演
    『ふたり』主演

    東京都出身。1986年、女優デビュー。1991年、大林宣彦監督作品の映画『ふたり』でスクリーンデビューと共に主演を務め数々の映画賞の新人賞受賞。近年では、NTV新水曜ドラマ『悪女(わる)』幅広く活躍し、22年6月10日から『私たちはおとな』(加藤拓也監督)新宿武蔵館ほか全国公開が控えている。

  • 大林恭子

    大林恭子/映画プロデューサー

    『ふたり』

    1938年11月25日東京都生まれ。大学時代に監督と出会い結婚。64年に長女を出産。学生時代から監督の自主映画制作に関わり、企画、脚本、美術、衣装、小道具などあらゆる面で大林作品を支える。株式会社PSC/大林宣彦事務所を立ち上げ、代表取締役として現在に至る。

  • 大林千茱萸(ちぐみ)(映画コーディネーター)

    大林千茱萸ちぐみ/映画作家

    『ふたり』

    映画作家/テーブルマナー講師/【ホットサンド倶楽部】主幹。11才のときに父・大林宣彦監督デビュー作『HOUSE』(77)原案を担当。自身の監督作『100年 ごはん』(13)は世界各国250か所で上映され現在も巡回中。食分野では“昭和天皇の料理番”渡辺誠氏に師事、国際儀礼(プロトコール)講師としてテーブルマナー講師を務める。

  • 青木崇高監督

    青木崇高監督

    『青木崇高の「ウズベキスタン」までちょっと会いに』
    『青木崇高のアメリカ西部までちょっと会いに』

    大阪府八尾市出身。俳優。主な映画出演作に『るろうに剣心』シリーズ、シネマ尾道での上映では『おらおらでひとりいぐも』『モリのいる場所』『雪女』など。NHK大河ドラマ『龍馬伝』『平清盛』『西郷どん』に出演。『鎌倉殿の13人』では木曾義仲を演じる。

  • 須藤蓮監督

    須藤蓮監督

    『逆光』

    慶應義塾大学法学部法律学科在学中2016年に「第31回 MEN’S NON-NO 専属モデルオーディション」でファイナリストとなり2017年秋より俳優として活動を開始する。『逆光』は初監督作。2020年には自ら製作費を集め映画『blue rondo』(ブルーロンド)で初めて脚本・監督。

  • 渡辺あや(脚本家)

    渡辺あや/脚本家

    『逆光』

    兵庫県出身。2003年、映画『ジョゼと虎と魚たち』で脚本家デビュー。『メゾン・ド・ヒミコ』『天然コケッコー』、NHK連続テレビ小説『カーネーション』『その街のこども』『ワンダーウォール』など、良質な作品を世に放っている。島根県在住。

  • 森ガキ侑大監督

    森ガキ侑大監督

    『叫ばないと生きていけない』

    広島県出身。2017年に脚本家の山﨑佐保子とクリエイター集団“クジラ”を設立。その後もさまざまなCMを手掛け、CANNES LIONS ACCシルバーなど多数の賞を受賞。また、2017年『おじいちゃん、死んじゃったって。』で初の長編映画デビュー。第39回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞。

  • 松澤匠(俳優)

    松澤匠/俳優

    『叫ばないと生きていけない』主演

    埼玉県出身。2009年、『蘇りの血』(監督・豊田利晃)で映画初出演、11年にポツドール『おしまいのとき』で初舞台を踏む。以降、城山羊の会、ハイバイ、サンプルなど多数の舞台や映画・ドラマ・CMなど幅広く活躍。
    また、『ヒル』(WOWOW)が3月4日〜放送スタート。

  • 沖田修一監督

    沖田修一監督

    『おーい!どんちゃん』

    埼玉県出身。06年、『このすばらしきせかい』でデビュー。09年『南極料理人』が公開され話題を呼ぶ。12年に公開し『キツツキと雨』はドバイ国際映画祭で三冠受賞。13年、『横道世之介』では、第56回ブルーリボン賞最優秀作品賞など受賞。

  • 横浜聡子監督

    横浜聡子監督

    『いとみち』

    青森県立青森高校出身。横浜の大学を卒業後、東京で1年程OLをし、2002年に映画美学校で学ぶ。2007年度日本映画監督協会新人賞を受賞。2009年オール青森ロケで『ウルトラミラクルラブストーリー』(出演:松山ケンイチ、麻生久美子)が公開、トロント国際映画祭他、多くの海外映画祭でも上映された。

  • 川本直人監督

    川本直人監督

    『渦潮』『渦汐』

    尾道市瀬戸田町で育つ。多摩美術大学映像演劇学科卒業。 シネカリグラフィの作品『渦潮』が第62回べルリン国際映画祭短編部門に入選。翌年、『渦汐』も第63回べルリン国際映画祭短編部門に入選。 毎年夏には野外で上映する「瀬戸田映画祭」を主催。今年9回目を開催予定。

  • 和田征士(ピアニスト)

    和田征士(ピアノ)

    オープニングセレモニー

    尾道市出身。東京藝術大学 器楽科ピアノ専攻2年生。津田裕也氏に師事。これまでに、ピアノを小嶋素子・田中香月・桑田日登美、ソルフェージュを島田久美各氏に師事。2021年第24回長江杯国際音楽コンクールピアノ部門大学生の部第1位。合わせて審査委員長賞受賞。数々のコンクールにて入賞を果たす。

  • 豊田日乃(ソプラノ)

    豊田日乃(ソプラノ)

    クロージングセレモニー

    エリザベト音楽大学演奏学科声楽専攻に特別奨学生として入学。現在3年次在学。2018年第19回大阪国際音楽コンクール・声楽高校の部 全国大会に於いて第2位(1位なし)に入賞。2020年第14回ベーテン音楽コンクール自由曲コース声楽部門 大学・院生の部 全国大会に於いて銀賞を受賞。第4回尾道映画祭オープニングセレモニーにて声楽ソロとして弦楽四重奏と共演。第22回大阪国際音楽コンクール(ファイナル)声楽部門オペラコースAge-U 第1位および特別賞「高槻市長賞」受賞。声楽を桂政子、内田陽一郎に師事。

  • 益田悠乃花(バイオリン)

    益田悠乃花(バイオリン)

    オープニングセレモニー前

    尾道高等学校1年。第76回福山音楽コンクールベストパフォーマンスエリザベト音楽大学賞受賞。第42回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会奨励賞受賞。 2017年よりしまなみ音楽祭参加。小島秀夫氏・小島燎氏・ソルフェージュを小島朋子氏に師事。しまなみジュニアオーケストラ団員。

《音楽休暇村》 弦楽四重奏団

毎年秋に開催される
《しまなみ海道・秋の音楽休暇村》
メンバーによる弦楽四重奏団。
しまなみ地域を愛する広島県内外の
若手新進演奏家で編成された。

  • 小島燎(第一ヴァイオリン)

    小島燎

    (第一ヴァイオリン)

    広島出身。5歳より父・小島秀夫(元広島交響楽団コンサートマスター)の手ほどきによりヴァイオリンを始める。 全日本学生音楽コンクール全国大会優勝。京都大学卒業後、2015年、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員に選出され渡仏。パリ国立高等音楽院ほかで研鑽を積んだ後、フランス中心にヨーロッパ各地にて活躍している。(一社)コジマ・ムジカ・コレギア代表理事

  • 《音楽休暇村》弦楽四重奏団

    竹中幸音(第二ヴァイオリン)
    田中亮伍(ビオラ)
    向井真帆(チェロ)
    ※左から順

尾道映画祭2022
学生映画上映会について

尾道映画祭2022では、『作家と尾道、その未来』のテーマに伴って、まさに尾道から日本の映画の未来を担う若手作家たちを応援すべく、映像作品発表の場を設けました。この度は尾道市立大学・福山大学の2校にご協力頂き、生徒たちが制作した映画の上映会を行います。自主制作映画の中でも特に自由な発想や工夫を多く取り入れる学生映画には、若手クリエイターたちの初々しくも独自な表現を感じられるはずです。映像表現の新たな時代の流れを感じとることが出来るような…今後もそのような上映会になっていくことを尾道映画祭は目指します。

  • 西郷寺の鳴龍天井

    西郷寺の鳴龍天井(6’00”)

    尾道市立大学 芸術文化学部
    美術学科 デザインコース 4年
    川村 郁乃

    尾道市には、160を超える寺院が存在します。尾道三山の一つとして知られる瑠璃山の麓に西郷寺という古寺があります。いにしえより西郷寺の本堂で手を打つと、天井から琴線を鳴らすような不思議な音がすることから「鳴龍天井」と呼ばれています。私はこの言い伝えに興味を持ち、親しみやすいアニメーションで表現しました。

  • 青天白日

    青天白日(4’40”)

    尾道市立大学 芸術文化学部
    美術学科 デザインコース 4年
    田淵 詩帆

    手描きアニメーションMV。主人公の女の子があることをきっかけに別の世界に迷い込み、そこで出会う仲間と助け合いながら敵に立ち向かうストーリーです。爽やかで夏を感じられるアニメーションに仕上げました。

  • 脳内せかい旅行

    脳内せかい旅行(4’50”)

    尾道市立大学 芸術文化学部
    美術学科 デザインコース 卒業
    横田 結子

    バスの中でイヤホンをつけている人を見かけた。耳を塞いで目を瞑る様子は、外界の情報を遮断して、自分の中に閉じこもっているように思えた。生きている実感が湧かず、ここが現実でも夢でもどちらでもいい。だから耳を塞いで、自分のせかいに入り浸るのではないだろうか。頭の中で、忘れ難い記憶や途切れない空想のせかいを巡る様子は、まるで旅行のようだと感じた。

  • PINO

    PINO(1’57")

    尾道市立大学 芸術文化学部 美術学科 デザインコース 4年
    田辺 樹生・田中ジェファソン(合作)

    尾道を舞台に、ということで野外でのストップモーションとなりました。ペットボトルサイズの主人公ピノが、おじいさんに会うため千光寺へと向かいます。限られた手数の中で伝わる落とし所を探しました。

  • 僕へ君より

    僕へ君より(7’52”)

    福山大学 人間文化学部
    メディア・映像学科 3年
    瀬戸 翔太

    自分に自信がない少年・公生が自分のことを好きと言ってくれる顔も名前も知らない謎の女の子と手紙のやり取りをする物語。大学の授業で制作した「恋愛」がテーマの短編映画です。意外性とそれに対して矛盾が起こらないシナリオ、家の中で物語が簡潔するため単調にならないカット割りを意識して制作しました。

  • またね

    またね(6’29”)

    福山大学 人間文化学部
    メディア・映像学科 3年
    村上 亮斗

    テーマは「恋愛」で、尾道を舞台にしてコロナウイルスの状況下での遠距離恋愛を自分の経験を一部踏まえ物語にしました。自分が尾道出身でよく通っていて、その尾道の好きな場所の一部を映像に組み込みました。ぜひ興味をもっていただけたらその場所に行ってみてほしいです。そして尾道を巡ってみてほしいです。きっとあなたも尾道が好きになると思います。

  • カメラの中の彼女

    カメラの中の彼女(5’46”)

    福山大学 人間文化学部
    メディア・映像学科 3年
    川合 裕也

    思い出がたくさん詰まったカメラにある日突然、亡くなったはずの彼女「かな」が姿を現す。彼女が亡くなってから引きこもり気味だった主人公。夢なのか、現実なのか。「かな」との不思議な再会が主人公に新たな変化をもたらす。儚く不思議な恋愛ストーリー。

  • ただのあいつのはなし

    ただのあいつのはなし
    (12’36")

    日本大学 芸術学部 映画学科 監督コース 2年
    高橋 快地

    彼女は嘘つきなんかじゃなく、これは回顧録なんかじゃない。きっとこれは、ただのあいつのはなし。ただのあいつに振り回された夜の、ただの愚痴。しかし、彼女の話と彼女が思い返す記憶は、乖離する。虚栄を話す情けなさの意外な美しさ、その先にある大きな感情を表しきれていない短く、密度の高い言葉を作品化しようと、制作いたしました。

前 売

※ 17日(金)終了
(対面は営業時間中、Peatixは23:55までとなります)

一般
1,500円
高校生以下
  1,000円

当 日

一般
1,800円
高校生以下
  1,300円

『渦潮』『渦汐』/『叫ばないと生きていけない』
▼こちらの3作品は下記のチケット料金です。

前売:一般 1,000円 高校生以下 800円
当日:一般 1,300円 高校生以下 1,000円


  • 全て税込表記
  • 3歳以下無料
  • 全会場とも完全入れ替え制です。
    作品ごとにチケットを購入ください。

注意事項

ƒ
  • チケットはいかなる事情(紛失・焼失・破損)があっても、購入後の変更・払い戻しは不可、再発行等は一切いたしません。また、ご入場前に半券を切り離すと無効となります。大切に保管してください。
  • インターネット・オークション等での意図的な転売行為を禁止いたします。転売目的での購入は固くお断りいたします。
  • 場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオによる撮影、録音は固くお断りいたします。
  • 登壇者は、変更、追加になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。
  • チケットは前売り券・当日券ともに料金は一律税込価格です。

決済方法について

  • ▼前売券をオンラインにてご購入を希望の方
    • Peatix
    • 上記のPeatixボタンよりサイトに移行しますので鑑賞したい日時と映画の名前を選択しオンラインチケットをご購入ください。
  • ▼前売券を対面販売にてご購入を希望の方
    • しまなみ交流館上映分:
      尾道駅観光案内所(JR尾道駅) tel:0848-20-0005
      シネマ尾道上映分:
      シネマ尾道 tel:0848-24-8222
    • ▼当日販売を希望の方
      18・19日ともシネマ尾道・しまなみ交流館の各会場にてご購入ください。
    • ▼尾道映画談義Vol.2の参加希望の方
      500円(別途ワンドリンクオーダー必要)
      ※映画祭チケット半券持参でスナック付き
      tel:050-5809-7986(モウトウ)

各種SNSにて随時情報公開中!!

  • 尾道映画祭 公式ツイッター
  • 尾道映画祭 公式facebook
  • 尾道映画祭 公式Instagram