恋人よわれに帰れ

© 1983 テレパック/フジテレビ

1983年/カラー/95分(TV作品)
制作/フジテレビ、テレパック

製作:重村一 企画:中山和記 監督:大林 宣彦 脚本:早坂暁 撮影:江本隆 照明:菱山勇 美術:天野信夫 編集:水野幸夫 録音:増田秀見 音楽:前田憲男

出演:沢田研二 大竹しのぶ 泉谷しげる 風吹ジュン 財津一郎 小川真由美 トロイ・ドナヒュー

※本作は劇場上映を目的とした素材ではないため、途中CM該当部分に黒味(無音・黒い画面)が入ります。
また途中で素材の入替え時間をいただきますことをご了承ください。

大林宣彦はあの『時かけ』の公開直後にアメリカと日本、両国のヒバクシャを通して、原爆と戦争の不条理を描いていたのだ。
先ごろ惜しくも急逝した脚本家・早坂暁が、代表作『夢千代日記』と時を同じく原爆を題材に書き上げたシナリオであることも興味深い。
映像の魔術師と呼ばれた合成技術を駆使して、終戦直後の原爆ドームや焼け野原となった広島市街の惨状をフルカラーで再現している。冒頭とラストには尾道で撮影した無人島の風景も登場する。

恋人よわれに帰れ

© 1983 フジテレビ/テレパック

(あらすじは準備中です)

  • 上映プログラムごとに全席自由席、入替制となります。
  • チケットは上映プログラムごとにご購入ください。日付、プログラム名が異なるチケットはご利用いただけません。
  • 尾道商業会議所記念館は席数が限られているため、先着順でのご入場となります。混雑が予想される場合は整理券を配布することがございます。
  • 当日のプログラム進行によっては開始時間が遅れる場合がございます。開催当日、時間変更や整理券配布については随時、公式SNSで告知させていただきます。

page top