「尾道映画祭2018」のフィナーレに大林宣彦監督を囲んで、映画のまち・尾道で「映画が持つ力」について語り尽くしましょう。
これまで日本の映像表現が始まった黎明期から独創的な作品を作り続けている大林監督や安藤紘平教授、そして次世代を担う若手映像作家の皆さんをパネリストにお迎えいたします。
会場の隅々まで顔の見える会議場のロケーションを活かして、シンポジウムというよりも車座のような雰囲気で…。
パネリストだけでなく観客の皆さんも垣根なく語り合いましょう。

3日間で上映した大林映画に見えたもの… 映画が世界に伝えることのできる平和への想い… 尾道と映画の過去現在そして未来…などなど
尾道映画祭のスクリーンを通して、皆さんの心に宿った言の葉を声にしてください。
入場は無料です。是非ともお気軽にお集まりください。

大林宣彦監督

大林 宣彦さん

映画作家
安藤紘平さん

安藤紘平さん

早稲田大学名誉教授・映像作家
このほか、若手映像作家の皆さんなどを招待予定(調整中)
  • 全席自由席ですが、直前の上映プログラム【H】で有料入場の方は入れ替えなくそのままご参加いただけます。
  • 尾道商業会議所記念館は席数が限られているため、上記以外のご希望者は先着順でのご入場となります。混雑が予想される場合は整理券を配布することがございます。
    できる限り多くの方にご参加いただきたく存じますが、消防法等の関係で万が一定員オーバーした場合にはご入場いただけない可能性もございますので、あらかじめご容赦ください。
  • 当日のプログラム進行によっては開始時間が遅れる場合がございます。開催当日、時間変更や整理券配布については随時、公式SNSで告知させていただきます。

page top